ATOMにてide-phpを導入するとオートコンプリート(自動補完)されなくなる件について

この記事は約256秒で読めます。

どうも!!こうすけです。

先日ATOMにてatom-ide-uiというATOMを統合環境にするためのパッケージが公開されたので、早速使ってみたのですが、ide-phpを適用するとphp言語のオートコンプリートが機能しなくなりました。自動補完されなくなったともいうのかな?

最初は原因が全然わからず、非常に困っていました。

現在は問題は解決しており、以下のようにオートコンプリートされています。

1. 入力候補が表示されなくなった原因

理由は単純でした。ide-phpはphp言語をサポートするために、ide_php自身がphp環境を見れるようにする必要があるのですが、ide-phpの設定でphp環境のパスを設定していなかったためでした。パスは勝手に見ているものだと思ってた笑

以下のようなエラーメッセージが表示されたので、気づきました。


ide-php導入時はこんなエラー出てなかったので、エラーメッセージ出るように改善したのかな?

1.1. 検索用

「IDE-PHP requires PHP 7 or later but found 5.6.30」

「If you have PHP 7 installed please Set PHP Path correctly. If you do not please Download PHP 7 or later and install it.」

2. どういったパスを指定すれば良いのか

php環境のパスを指定すればいいというのはわかりましたが、どこをパスとして指定してやれば良いのか。
意外にこの場所を特定するのに時間がかかりました。
結論としては、php環境にはbinフォルダというものが存在しており、その中にあるphpというファイルを指定する必要があります。

自分のmacには、MAMPというwebサーバー用ソフトをインストールしており、その中に構築してあるphp環境を指定する場合は、

/Applications/MAMP/bin/php/php7.1.0/bin/php

と指定します。

同じくmacでMAMPを利用しているという方はこのように指定すれば問題ないと思います。

実際に指定する場合はこんな感じ。

他の環境の場合はどのようになっているかは実際に見てみないと分からないのですが、binの下のphpファイルを探して、指定すれば良いです。

以下のようなファイルがあると思います。

このようにすれば問題は解決すると思います。

自分と同じように、ide-phpを導入するとオートコンプリートされなくなったという方は、参考にしてみてください。

この記事がいい!!と思ったらいいねツイートよろしく!!

 

作成者: kosuke

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です