githubでプロジェクトを登録する方法

この記事は約42秒で読めます。

どうも!こうすけです。

現在wordpressテーマを開発しているのですが、そのプロジェクトをgithubにて管理したいと思い、登録を行いました。

今日はそのときにどのようにしてgithubにプロジェクトを登録したのかその方法をまとめたいと思います。

もしgithubを使うようであれば参考にしてみてください。

1. 作業手順

  1. githubにプロジェクトを管理するためのレポジトリを作成する。
  2. ローカルマシンにレポジトリ用のフォルダを作成する。
  3. 作成したフォルダをレポジトリとする
  4. ローカルに作成したレポジトリに管理したいプロジェクトを登録する。
  5. ローカルのレポジトリとgithubのレポジトリを同期する

2. githubにプロジェクトを管理するためのレポジトリを作成する。

まずはgithubにプロジェクトを管理するためのレポジトリを作成します。レポジトリとはデータやファイルなどを保存する場所のことです。
githubの個人ページにてNew repositoryボタンを押下してください。


すると、レポジトリの情報を入力する画面が表示されるので、自分の好きなレポジトリ名を入力してください。

Description欄の入力欄は任意ですが、作成するレポジトリがどういったレポジトリなのかわかるようにしたい場合は、入力することをお勧めします。

入力が完了したらレポジトリを作成するボタンを押下してください。


これでレポジトリを作成することができました。
以下に記載してあるコマンドはあとで使うものなので覚えておいてください。


3. ローカルマシンにレポジトリ用のフォルダを作成する。

次にローカルマシンにレポジトリを作成します。
作成方法は好きな方法で構いません。finderを開いて好きな場所を指定して右クリックからフォルダを作成してもいいし、
ターミナルを開いてmkdirコマンドというフォルダを作成するコマンドで作成しても構いません。

以下のように入力するとデスクトップにtestというフォルダが作成されます。


塗りつぶしてある箇所はユーザー名です。

4. 作成したフォルダをレポジトリとする

次に作成したフォルダをレポジトリとします。
まず、作成したフォルダをターミナルでカレントディレクトリとして指定します。

指定するにはcdコマンドを使用します。先ほど作成したフォルダを指定して以下のように入力します。


作成したフォルダをカレントディレクトリとしたらgit initコマンドを入力してください。


これで作成したフォルダがレポジトリとなりました。

5. ローカルに作成したレポジトリに管理したいプロジェクトを登録する。

次に先ほど作成したレポジトリに管理したいプロジェクトを登録します。

先ほどの続きであれば、レポジトリがカレントディレクトリの状態であるままだと思うので、その状態でgit addとgit commitコマンドを使用します。

この2つのコマンドの違いについては、git add コマンドはレポジトリにこういうファイルが追加されているよと認識させるもの。
git commitコマンドは保存させるコマンド、ゲームでいうセーブするということですね。

入力例は以下の通りとなります。git addで追加するプロジェクトはtest.txtファイルとします。



これでローカルのレポジトリにプロジェクトが登録されました。

6. ローカルのレポジトリとgithubのレポジトリを同期する

最後の作業として、githubに作成したレポジトリとローカルに作成したレポジトリの同期付けをする必要があります。

ここでは最初に覚えておいてくださいといった以下のコマンドをターミナルで入力します。


入力例は以下の通り。


これでローカルのレポジトリとgithubのレポジトリの同期が完了しました。

githubで作成したレポジトリの画面を見てみると以下のように管理したいプロジェクト名が表示されていると思うので、確認して見てください。


この記事がいい!!と思ったらいいねツイートよろしく!!

 

作成者: kosuke

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です